三越商事大分
Interview

家族みんなが一緒にいられる家づくり

夫婦それぞれの趣味を同じ空間で楽しめるアトリエ、子どものためのキッズスペース、家族みんなが1階で過ごせるように細部まで考え抜いたこだわりの詰まったお家

大分市 H様邸 インタビュー

2022年2月

大分市 H様邸

  • 土間
  • アトリエ
  • DIY
  • ゲームルーム
  • ランドリールーム
  • ライティングレール
  • キッズスペース

INTERVIEW

住宅購入を検討したきっかけを教えてください。

旦那様僕の趣味がDIYなんですけど、賃貸は現状復帰が基本になってくるので限界を感じてました。
間取りももう少しこうだったらいいなとか、いろんな思いが出てきたので住宅の購入を考えました。

アトリエのDIYコーナー

アトリエの一角にご主人自ら造られたDIYコーナー。さまざまな工具が並べられています。

家づくりについて何から始めましたか?

旦那様まずは、モデルハウスや展示場にあるだけ行っていろんなお家を見ました。
Instagramとかyoutubeとかでもいろんなお家を見て勉強して、僕のDIYの知識もあったので、妻と一緒にどういう家にしたいかとか、 どういうキッチンがいいかとか、こういうお家がいいなとかをどんどん膨らませていったのが始まりです。

アトリエのDIYコーナー

家より先に決まっていたダイニングテーブル(写真左下)。1.8mのダイニングテーブルを基準にLDKの空間作りが進められました。また、3.5mの幅の造作のカップボード(写真奥)にはこだわりの家電がずらり。家電の配置まで細かく考えられています。

住宅を購入するにあたって重視した点はなんですか?

旦那様まず、土地を一番気にしました。
大分市の土地の値段がすごく高いと感じていたので、住みたい場所と値段がなかなか合わず、やっと今の土地を見つけました。
お隣さんが三越商事大分さんで建てていた人だったので、かなり安心感がありました。

アトリエのDIYコーナー

家づくりを検討された当初は三越商事大分のことをご存知ではなかったそうです。大工さんの評判を耳にして、たまたま見つけた土地が弊社の物件だったことで、家づくりのご縁が生まれました。

家づくりを始めるにあたって、不安に思ったことはありましたか?

旦那様金銭面がかなり不安でした。
土地の値段が今すごく上がっているので、土地を選ぶのがすごく難しかったです。
でも三越商事大分さんに最初の打ち合わせで行った時に、予算を伝えたら、それを超えるようなことにはならないことをおっしゃってもらったので、それでかなり不安はなくなっていきました。

アトリエのDIYコーナー

予算内で家づくりを実現。1階にはさまざまなこだわりが詰まっています。

三越商事大分に決めた理由を教えてください。

旦那様大工さんの評判が高いところが1番の決めてです。
妻の実家もリフォーム会社をしてるんですけど、そこでの評判がすごく良くて、あと最初の打ち合わせに行った時もすごい感じが良かったので、1週間くらい猶予はあったんですけど、帰りの車で三越商事大分さんにしようって話してた記憶があります。

アトリエのDIYコーナー

奥様こだわりのキッチン。どうしても導入したいキッチン設備があったのですが、対応できないハウスメーカーが意外と多かったとのこと。その設備が導入できたことも決めてだったそうです。

間取りや仕様決めをする際こだわったところを教えてください。

旦那様家族みんなが1階にいられるような間取りにしようと1階の間取りにはすごくこだわりました。
リビングを大きめにしたり、夫婦の趣味の共有の場を作ったり、子どもが遊べる場所も1階に作ろうって話をして1階を広めにすることを考えました。
夫婦二人の趣味は別々なんですけど、なるべく同じ部屋でできたらいいねって話はずっとしていて、それでSNSとかでいろいろ見て、土間の部屋があるといいんじゃないかなと考えました。
妻は床にパレット置いて絵を描いたりするのが好きで、僕はDIYで木を切ったり色を塗ったりするので、設計士さんと土間の「アトリエ」っていう部屋を作ろうという話になりました。
せっかく作るんなら土間と塗壁をして、電気もライティングレールを走らせて、やれることやってみようと思って二人で意見出し合って、楽しい部屋ができたなと思います。

アトリエのDIYコーナー

玄関からフラットにつながる土間の「アトリエ」。夫婦それぞれの趣味を同じ空間で楽しむことができるこだわりのスペース。

家づくりで楽しかったことはありますか。

旦那様設計士さんが僕と同じゲームが趣味で、それでゲーム部屋っていうのも作ったんですけど、それの打ち合わせなんかもすごく楽しくさせてもいました。
特に電気の打ち合わせは何回も何回もさせてもらって、担当の設計士さんと楽しく話させてもらいました。
子どもの面倒も見てくれて、すごく打ち合わせがしやすかったです。

アトリエのDIYコーナー

2階に造られたゲーム部屋。時間を忘れてゲームに没頭できそうな素敵な空間になっています。

実際住んでみて感じたことや変化したことはなんですか?

奥様 前住んでいたのが賃貸で、窓とかすごく結露が多くて、冬場は窓が凍ったりしてたんですよ。夏場は暑くて。
でもここに住んだら朝起きて床が冷たいと思うこともないし、窓際にいて、窓が開いてても気づかないくらい冬場あったかくて、夏場は別に暑くなくて涼しくて、快適です。
ランドリールームを作ったので、洗濯して乾太くんで乾燥するだけで、干す手間がなくなってすごく楽になりました。
設計士さんと話して子どものおもちゃのスペースの隣にお掃除ロボットの基地を作ったんですよ。
この子(お掃除ロボット)が今からあなたのおもちゃを吸います、お片付けしてくださいって言ったら急いで片付けるようになりました。

アトリエのDIYコーナー

リビング階段の下部に設けられたキッズスペース。写真左上の物入れの下にお掃除ロボットの基地があります。

住宅購入を考えている人へのアドバイスをお願いします。

旦那様僕たちは趣味がはっきりしてたのもあるんですけど、いろんなハウスメーカーさんがある中で、得意なことがあったりするでしょうし、その中で自分たちにあうハウスメーカーさんを探すっていうのが大事かなと思います。
僕たちはやりたいことが多かったので、造作のカップボードとかもそうだし、塗壁とかもそうだし、みんなで家を作りたかったので奥さんの実家の人たちに手伝ってもらったりして、それを許してもらえたのも非常に良かったです。
奥様父が会社をしてたから、別の会社の人が入っていいのかとか、自社じゃないとダメですというところもあるじゃないですか、三越さんだったらできたし、食洗機をどうしても海外のものを入れたくて、それを許してくれるホームメーカーさんと、許されないホームメーカーさんもあるからそういうのは最初に聞いた方がいいと思いました。
キッチンとかで、標準設備がこうですよとか、これがついてますよあれがついてますよ、だけどそれがほんとにいるのかどうかを考えた方がいいかもしれない。

アトリエのDIYコーナー

奥さんのご実家の方に入っていただき素敵な空間に仕上げていただきました。

MOVIE

STAFF COMMENTS

営業担当平原

ご夫婦とも展示場に行かれたり、SNSを見られて、理想のお家のイメージを明確に持たれておりましたので、私も設計担当の宮崎もH様とイメージを共有できるよう必死だったのを覚えています。
理想のお家を実現するために、ご主人には間接照明のアクリル板を制作していただき、奥様のご実家にはアトリエスペースとキッチン前の腰壁の塗装をお願いしたりと、皆様にご協力いただいたからこそ完成できたお家だと思います。
先日お伺いしたときにご主人が「暖かくなったらウッドデッキをつくる」とおっしゃっていました。
その言葉を聞いた時、H様のお家はまだ完成しておらず、夢のマイホームへの道のりは途中なんだろうなぁと感じました。
最後にはなりますが、H様邸の営業担当として少しでもお役に立てていれば嬉しく思いますし、係わることが出来たことに感謝しております。
営業担当:平原

ご主人が制作されたアクリル板を使用したTVボード上部の間接照明

設計担当宮崎

H様の中に家づくりに対しての熱い想いと、どういった家をつくりたいかというビジョンがしっかりとあり、間取り作成にご夫婦共に熱く取り組んで頂けたからこそ満足頂ける家づくりが出来たと思います。
アトリエスペースにある照明スイッチ1つにしても、雑貨屋さんで特注で用意されて、細部にまでこだわられており、私の方も色々と勉強になりました。
また私と旦那様の趣味が同じで、趣味部屋を大変羨ましく思いながら打合せをしておりました(笑)
H様が満足して頂ける家づくりに携わることが出来たことに大変嬉しく思います。

ゲーム好きにはたまらない空間