スタッフブログ

床を守るフロアコーティングについて

2022.02.19

こんにちは。三越商事大分の渡邉です。

みなさんは家を建てる際に、床のお手入れのしやすさを考えたことはありますか?

 

弊社の床材は、耐水性や耐久性のあるノンワックスの床材を使用しているのですが、弊社のお客様で最近、フロアコーティングを検討される方が増えています。

先日撮影に行ったお家が、フロアコーティングを採り入れられていたのですが、床がピカピカに輝いているのが分かりますか?

 

 

こちらのお家が採り入れられたUVフロアコーティングは、日常生活で受ける様々なダメージからフローリングを長期間保護してくれる技術です。

UVフロアコーティングは、専用の機械を用いてコーティング剤を固めます。

女性の方は、ジェルネイルのイメージを想像していただけるとわかりやすいと思います。

ジェルを塗った後、UVライトでしっかりと固めることで、3週間程キレイな爪を楽しむことができますよね。

UVコーティングも同じように、専用のUV樹脂を床一面に塗り、紫外線を照射することで硬化します。

ジェルネイルのように一瞬で硬化させることができるので、施工したらすぐに入居することもできます。

ですが、UVコーティングにもメリット・デメリットがあります。

 

【UVコーティングのメリット】

・20年の耐久性がある

・ワックスがけが一切不要なこと

・簡単なお掃除だけで、きれいな床が維持できる

※見た目の艶が20年持つわけではありません

 

【UVコーティングのデメリット】

・施工費用が高い

・一度施工すると、その頑丈さから完全に剥がして元の状態に戻すことができない

・透明な塗装をしているので、木質感を楽しみたい方には不向き

 

 

上記のように、メリット・デメリットがあります。

 

コーティングをしていることで、油性マジックの落書きを落とす際に、除光液などの強い薬品で床を拭いても、汚れだけ落として床を傷めることなくキレイになるそうです。

以前、うちの子が床に落書きをしてしまったことがあるのですが、汚れを落とすのに強い洗剤を使い、その一ヵ所だけが変色してしまうといったことがありました。

ですが、UVコーティングをすることで一ヵ所だけ変色してしまうことがないことや、シミや摩擦などの床のダメージをUVコーティングが受け止めて床を守ってくれるのはいいですよね。

初期費用は掛かりますが、お掃除がラクになることや、経年劣化を防ぐことを考えたら、引渡し前に採り入れてみるのもよいですね。

 

他にも、コーティングをすることで床が滑りそうに見えますが、実際は床が滑りにくくなっています。

弊社の取り扱っているフロアコーティングには、より滑りにくいペットコーティングもあります。

ペットを飼っているお家や、転倒が心配な小さなお子様やご高齢のいるご家庭も安心してコーティングができますね。

 

弊社の使用している、ノンワックスの床材にも使用できるので、耐水性や耐久性の持続性を考えるならフロアコーティングを考えてみてはいかがでしょうか?

 

三越商事大分では、お客様の家づくりを親身に、丁寧にお手伝いいたします。

三越商事大分の注文住宅について詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

 

ブログ一覧に戻る